女性の薄毛の対策の食べ物で効果があるのは?タンパク質や亜鉛、ミネラル、ビタミンEが含まれている食べ物をバランスよく積極的に摂ろう

20150713
人間の体は心臓や腎臓など内臓、脳など重要な部分に優先的に栄養を届けます。

髪や爪などは生命を維持するために重要な部位ではないので、栄養を回すのが後回しになります。

無理なダイエットや偏った食事をしていると、髪に回す栄養が不足して薄毛や枝毛の原因になります。

スポンサードリンク

体型を気にしてダイエットをしている女性が多くいますよね。

食事制限のダイエットをすると必要な栄養素が不足するので薄毛になる可能性があります。

薄毛にはまだなっていなくても、髪が切れやすい、枝毛が多い、パサつくといった症状が出ているなら栄養が不足している可能性があり、いずれ薄毛になってしまうかもしれません。

対策には食べ物が重要です。

特に女性の薄毛対策で意識して摂りたいのは、良質なタンパク質・亜鉛・ミネラル・ビタミンEです。

女性はタンパク質が不足しがちです。

タンパク質が多い食品は肉や魚ですが、脂が多くカロリーが多いので控える傾向があります。

髪はケラチンというタンパク質でできていて、不足すると髪が細くなり抜けやすくなります。

スポンサードリンク

タンパク質は肉や魚以外にも、卵・乳製品・大豆製品などにも含まれています。

大豆は畑の肉といわれていて、タンパク質が豊富で低カロリーです。

女性ホルモンには網の成長を助ける働きがあります。

大豆には女性ホルモンの働きを助けるイソフラボンが含まれていて、タンパク質とイソフラボンの働きで薄毛対策におすすめの食べ物です。

亜鉛が不足すると抜け毛が増えます。

亜鉛を摂取することで髪を作る毛母細胞の分裂や再生が促進されます。

亜鉛はレバー、牡蠣、うなぎ、ナッツなどに多く含まれています。

体内にリンが多いと吸収が阻害されます。

加工食品にはリンが多く亜鉛の吸収を妨げるので、食べ過ぎに気をつけください。

髪に栄養を運ぶのに大切なのが鉄分です。

女性は生理で鉄分を失い、鉄分は吸収率が悪いので、意識して摂る必要があります。

レバー、ほうれん草、ひじき、まぐろなどに豊富に含まれています。

動物性食品に含まれるヘム鉄と植物性食品に含まれる非ヘム鉄があり、吸収率はヘム鉄の方が高いです。

タンパク質やビタミンC、クエン酸と一緒に摂ると吸収率が高まります。

ビタミンEには血行を促進して栄養を届きやすくしたり、抜け毛の原因になる過酸化脂質の発生を抑える働きがあります。

ナッツ、アボカド、オリーブオイル、うなぎなどに多く含まれています。

脂溶性ビタミンで油と一緒に摂ると吸収率が高まります。

どれか一つの食べ物ばかり食べるのではなく、バランスのよい食事が大切です。

スポンサードリンク
ブログランキング
にほんブログ村 美容ブログ 女性の薄毛・抜け毛へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です