髪が抜ける女性の原因とは?ホルモンバランスの乱れが関係している?


お風呂で髪を洗っている時、排水口を見たら黒い塊と化した自分の抜け毛があった、そんな恐ろしい体験をしたことがある方は少なくないのではないかと思います。

女性は髪を手櫛で梳かした時に、手に髪が絡みつくなんていう事もあるのではないでしょうか。

非常に不快かつ不安になってしまう出来事ですよね。

スポンサードリンク

実は、昨今女性の抜け毛問題が深刻化している、というより抜け毛で悩んでいる女性が増加しているのだそうです。

そもそも髪が抜ける原因は何なのかというと、どうやらホルモンバランスの乱れなどが原因の一つとして挙げられるようですね。

男性の抜け毛、薄毛の原因にもホルモンが関わっているものがありますが、女性とではそのホルモンの種類が異なります。

スポンサードリンク

男性は男性ホルモン、女性は女性ホルモンという至極当然なホルモンのバランスが乱れてしまうのです。

女性の場合には女性ホルモンであるエストロゲンが加齢とともに減少してしまうと言われています。

エストロゲンは髪の毛のサイクルにも重要なホルモンなのです。

しかし二十代、三十代といった比較的若い世代でも悩んでいる方がいらっしゃると思います。

その方たちがもし妊娠をしていた場合には、このホルモンバランスの乱れが原因と言えるでしょう。

それはなぜかというと、妊娠をするとエストロゲンは減少するのです。

しかし、出産後にはまた元に戻ろうとするので、バランスが乱れてしまうのです。

減少するという乱れ方だけではないのです。

それ以外の原因だと、ストレスや偏った食生活などの生活習慣の乱れが挙げられます。

睡眠不足や無理なダイエットなども頭皮の血行を悪くしてしまう原因の一つとなるため、髪が抜ける原因となってしまうのです。

シャンプーの仕方等によっても毛穴が詰まってしまうことがあるため、気をつける必要があります。

スポンサードリンク
ブログランキング
にほんブログ村 美容ブログ 女性の薄毛・抜け毛へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です