髪が抜ける女性の原因は?女性ホルモンの減少やストレスのせい?


女性でも抜け毛に悩む人が増えています。

加齢による女性ホルモンの減少が原因であるケースも多く見られますが、ストレス性の抜け毛である場合もあり、生活環境の見直しが求められます。

加齢が原因のケースでは、女性ホルモンに似た性質を持つイソフラボンをサプリメントや頭皮用ケアアイテムで補うことが効果的とされています。

スポンサードリンク

プラセンタの摂取も総合的なエイジングケアを望めるため、抜け毛やハリの対策に有効であると人気を集めています。

ストレス性の抜け毛の場合は、規則正しい生活を送るとともに栄養バランスに気を配った食事を摂り、しっかりと休養をとることが大切です。

スポンサードリンク

ストレスにより頭皮が硬くなって血行が悪くなっている状態では健康な毛を育むことができないため、シャンプー後には地肌のマッサージを行うと良いでしょう。

その際、抜け毛防止や育毛効果のある頭皮ケアアイテムを使うと更に効果が期待できます。

本格的なケアを望む場合は、ヘアサロンでのヘッドスパがおすすめです。

プロの手による地肌ケアで髪のターンオーバーのサイクルを整えることで、抜け毛を減少させることができます。

また人の手によるマッサージではリラックス効果も高いため、ストレス解消にも役立ちます。

自宅でのケアもサロンでのケアも一時的なものではなく習慣として続けていくことが大切です。

地肌に良いとされるホホバオイルやアルガンオイルなどを使用し、ヘアドライの一環として頭皮マッサージを取り入れるなどの工夫をすると良いでしょう。

香りによるリラックス効果もストレス解消に役立つため、マッサージにはエッセンシャルオイルを追加するのも有効です。

ローズマリーやラベンダーなどが頭皮ケアに良いとされています。

スポンサードリンク
ブログランキング
にほんブログ村 美容ブログ 女性の薄毛・抜け毛へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です