高校生でも髪が薄い女子の原因とは?女性ホルモンが影響している?

20151106
髪が薄くなるのは歳をとってからだと思っていませんか。

しかし、薄い髪で悩んでいる高校生もいます。

年齢を重ねると毛母細胞の力が低下するため髪の成長が悪くなり女性ホルモンが低下して髪が抜けやすくなります。

スポンサードリンク

高校生は毛母細胞の力もあり、女性ホルモンもしっかり分泌されているはずなので、薄い髪で悩むことなんてなさそうですよね。

しかし、高校生でも髪が薄くなることがあるのです。

おしゃれをしたい時期に髪が薄くなるなんて、女としてショックですよね。

高校生で髪が薄くなる原因は、女性ホルモンの低下や栄養不足が考えられます。

まだまだ更年期には何年もあるので女性ホルモンがしっかり分泌されるはずなのですが、ストレスや不規則な生活が原因で、若くても更年期のように女性ホルモンが低下して不調が表れることがあります。

スポンサードリンク

お菓子を食事の代わりにすることや、ファストフードやコンビニのお弁当ばかり食べていると、栄養バランスが崩れて女性ホルモンが低下することがあります。

女性ホルモンは自律神経の影響を受けます。

ストレスは自律神経を乱し女性ホルモンに影響を与えます。

髪を作るにはタンパク質、亜鉛、鉄分などさまざまな栄養が必要です。

ファストフードのようなものばかりやダイエットのために食事制限をしていると、髪に必要な栄養が不足して髪が薄くなってしまいます。

高校生はタンパク質と鉄分が不足しがちです。

朝礼のときに突然倒れる子がいませんか。

もしかしたら鉄分不足かもしれません。

髪はケラチンというタンパク質でできているので、タンパク質摂取が重要です。

レバー、かつお、牛肉、卵などを食べれば、タンパク質と鉄分を同時に摂取できます。

カロリーが気になるなら、脂肪分が少ない魚や大豆製品がおすすめです。

おやつに豆乳を飲むなどもよいです。

スポンサードリンク
ブログランキング
にほんブログ村 美容ブログ 女性の薄毛・抜け毛へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です