産後の抜け毛や生え際が気になる時は?頭皮や髪に優しい低刺激の無添加シャンプーや女性用育毛剤を使用したり頭皮の血行をよくすると効果的?

20150716
産後にごっそりと髪の毛が抜けてしまって、生え際が薄くなってくることがあります。

これは女性ホルモンが大きく関係していて、ホルモンバランスの崩れが原因になり産後の抜け毛を引き起こしてしまいます。

女性らしい丸みのある体つきにすることや肌を柔らかく潤いある状態に保ったりしているのが女性ホルモンのエストロゲンです。

スポンサードリンク

エストロゲンは髪の毛にも大きく作用していて、ツヤとコシがあるしっかりとした髪の毛を作り、髪の毛が抜けにくくなる働きをしてくれます。

妊娠中はこのエストロゲンの分泌量が多く、本来なら抜けて生え変わるべき髪の毛がそのまま抜けずに残っています。

そして、出産後にはエストロゲンの分泌量が通常量に戻るので、抜けずに残っていた髪の毛が一気に抜け始めて生え際などが薄くなってしまいます。

髪の生え変わりのヘアサイクルの影響で、出産後早ければ半年くらい、遅くても一年以内には元のように髪の毛が生えてくるので心配はいりません。

しかし、抜け毛や生え際の薄毛などは女性にとっては気になるものですから、なるべく早く髪の毛が生えそろうようにヘアケアなどを工夫してあげましょう。

スポンサードリンク

まずは頭皮や髪に優しいシャンプーを使用するのが大切です。

頭皮トラブルを起こすと抜け毛や薄毛がひどくなるので、低刺激で成分的にも安心な無添加シャンプーを使用するのがおすすめです。

また、頭皮環境を最良の状態に保ってこそ早く抜け毛も治りますから、頭皮に刺激を与えてしまうパーマやカラーリングは控えるのが良いでしょう。

そして、頭皮をよりよい状態に保つために、頭皮マッサージや女性用育毛剤を使用することが良いでしょう。

頭皮の血行を促すことができて髪の毛を作る細胞などにしっかりと栄養を運ぶことができるので、頭皮の活性化に役立ちます。

また、出産後は育児に手がかかって髪のお手入れもしにくくなるので、長い髪よりは短めのスタイリングしやすい髪の方が良いでしょう。

生え際の薄毛をカバーするために前髪を作ることや通常よりも前髪を厚めにするなど、前髪のカット方法を変えてみると良いでしょう。

髪の毛全体のボリュームアップができるようにレイヤーなどを入れた髪型にするなど、美容師さんと相談してみて自分に似合った髪型にしましょう。

最初はシャンプー時やブラッシングの時に髪の毛がごっそり抜けて不安になるでしょうが、出産後半年から1年くらいで髪の毛は元に戻ります。

日々のシャンプーなどで頭皮と髪によいヘアケアを続けていけば早く抜け毛を改善することができるので、髪の生え変わりをサポートするように心がけましょう。

スポンサードリンク
ブログランキング
にほんブログ村 美容ブログ 女性の薄毛・抜け毛へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です