薄毛に効果的な女性用の育毛剤とは?女性ホルモンを調節する成分や頭皮環境を整える成分がカギです

20150824
抜け毛が増えた、ボリュームが足りない、フケ、かゆみ、こんな悩みはありませんか。

サラサラしたボリュームのある髪にあこがれている女性は多いと思います。

女性の薄毛の原因は、主に2つです。

スポンサードリンク

1つめは女性ホルモンの低下です。

女性ホルモンには髪の成長を助けて、髪の成長期を長くして抜けにくくする働きがあります。

40代頃から女性ホルモンが低下して薄毛に悩む方が増えてきますが、若い女性でもストレスや不規則な生活、偏った食事などで女性ホルモンの低下が原因で薄毛になることがあります。

2つめは頭皮環境の悪化です。

シャンプー、紫外線、ヘアカラー、ドライヤーなどで頭皮は日々ダメージを受けています。

健康な髪を育てるためには健康な頭皮が必要です。

頭皮環境が悪化するとヘアサイクルが乱れます。

薄毛は早めに対処することでフサフサな髪がよみがえります。

育毛に効果的なのが育毛剤です。

女性ホルモンを調節する成分や頭皮環境を整える成分が薄毛の悩みにアプローチします。

男性の薄毛とは原因が違うので、女性用の育毛剤を選びましょう。

スポンサードリンク

産後や更年期の女性には、女性ホルモン調整剤を配合した育毛剤がおすすめです。

女性ホルモン調整剤にはカンゾウエキス、クララエキス、ヨモギエキス、オトギリソウエキスなどがあります。

乾燥した頭皮はバリア機能が低下して、毛穴に皮脂が詰まりやすくなっています。

頭皮を保湿することでバリア機能がしっかり働く健康な頭皮に近づきます。

保湿成分にはヒアルロン酸、フコイダン、トレハロースなどがあります。

弱った頭皮は炎症を起こしています。

炎症の刺激が毛根にもダメージを与え、髪が抜けやすい状態になります。

グリチルリチン酸2Kなどの抗炎症成分が炎症を鎮めてくれます。

頭皮や毛母細胞に栄養を届けているのが血液です。

血流が悪いと育毛に必要な栄養素が届かず頭皮環境が悪化、髪に成長が悪くなります。

シャクヤクエキス、トウガラシエキス、緑茶リキッドなどの成分が血行を促進して、頭皮と毛母細胞に栄養を届きやすくしてくれます。

良い成分を使用していても頭皮に刺激を与える成分が使われていたら育毛効果が十分に発揮されません。

育毛効果を十分に発揮させるためと、女性は肌が弱い方が多いので、鉱物油・アルコール・パラベン・香料など刺激を与える成分を使用していない育毛剤を選びましょう。

使い心地も大切です。

髪の成長には時間がかかるので、最低でも3か月間は育毛剤を使い続ける必要があります。

毎日使うものなので、使いやすいものを選びましょう。

スポンサードリンク
ブログランキング
にほんブログ村 美容ブログ 女性の薄毛・抜け毛へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です