女性の薄毛の原因はホルモンが関係している?大豆製品に含まれているイソフラボンを積極的に摂りホルモンバランスを整えよう


女性も年齢を重ねてくると、抜け毛や薄毛に悩まされることになります。

全体的に髪の量がまんべんなく減ってきて、髪の毛1本1本が痩せ細ってしまい、薄毛になる場合が多いです。

女性の薄毛の原因は、主に生活習慣やストレスなどや日々のヘアケア、パーマやカラーリングによるダメージも影響しています。

スポンサードリンク

また、ホルモンバランスの崩れも抜け毛や薄毛には大きな原因となっています。

妊娠中は抜け毛などもなく髪の毛もしっかりと生えていますが、出産後に大量の抜け毛や薄毛に悩まされる女性もたくさんいらっしゃいます。

妊娠中には女性ホルモンのエストロゲンが活発に分泌されていて、エストロゲンはしっかりとしたハリやツヤのある髪の毛を作ってくれて、それが抜けないように守る作用があります。

そのため、妊娠中には髪の毛が抜けにくく、出産してエストロゲンの分泌が元に戻ると抜け毛や薄毛になってしまいます。

これは一時的なもので、妊娠中に抜けるべき髪がエストロゲンの効果によって抜けずに残り、出産後に抜けただけなので、半年から一年くらいで元の髪の毛に戻りますから心配は要りません。

スポンサードリンク

もうひとつエストロゲンが関係しているのが加齢によるものです。

年齢を重ねるとエストロゲンの分泌量が減少してしまうため、しっかりとした髪の毛が生えにくくなり、それを維持する力も弱まってしまいます。

そのため、髪の毛が全体的にボリューム不足になったり、1本1本が痩せて元気のない髪の毛になってしまい、抜け毛が増えたり薄毛に悩まされるようになります。

しかし、女性の薄毛は年齢を重ねても改善することができます。

不足しているエストロゲンの代わりとなる成分を補うことで、ホルモンバランスを整えることができます。

それが大豆製品などに含まれているイソフラボンです。

食事やサプリメントなどから積極的にイソフラボンを摂取することにより、エストロゲンの代わりとして働いてくれますから、薄毛改善や育毛などに効果的です。

また、加齢による頭皮の衰えも薄毛の原因になりますから、女性用育毛剤などを使用して頭皮を活性化してあげると育毛効果が高まります。

インナーケアとしてホルモンバランスを整える食事やサプリメントを摂り、外側からシャンプーや育毛剤で頭皮環境を整えるケアを行えば、抜け毛を減らすことや薄毛を改善していくことができます。

髪の毛の生え変わりのサイクルはとても長いので、焦らずこつこつと育毛ケアを続けていくのが女性の薄毛対策には重要です。

スポンサードリンク
ブログランキング
にほんブログ村 美容ブログ 女性の薄毛・抜け毛へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です