抜け毛に悩む女性の原因は30代という年代が関係している?毛細細胞の老化やヘアサイクル、女性ホルモンや蓄積されたダメージが抜け毛として現れる

20150731
女性の抜け毛や薄毛は更年期以降の問題だと考えている方も多いでしょうが、近年では30代の女性にも増加傾向にあります。

この年代の抜け毛の原因というのは、老化現象によって起こるものではありません。

抜け毛というのは一般的には毛母細胞が老化することで起こりますが、30代女性が起こす抜け毛は、髪のターンオーバーサイクルが正常通りに機能していないことが主な原因になります。

スポンサードリンク

このヘアサイクルが乱れてしまうことで、まだ抜けるはずではなかった髪の毛が抜けてしまったり、毛が痩せ細ってしまったり、一つの毛穴から生える本数が減少してしまいます。

そのことで髪の毛全体がボリュームダウンしてしまうのです。

ヘアサイクルが乱れてしまう主な原因の一つが、無理なダイエットです。

綺麗で健康的な髪の毛というのは、女性ホルモンのバランスがきちんと整っていることが何よりも大切です。

二つの女性ホルモンのうちエストロゲンが髪を成長させるために大きな働きをするのですが、栄養をきちんと摂取出来ていない場合には働きが鈍くなってしまいます。

髪の毛を育てるためには、充分な栄養が必要です。

スポンサードリンク

食事を制限してしまうと女性ホルモンも乱れて、抜け毛が発生しやすくなってしまいます。

それだけではなく、栄養不足は自律神経の乱れをも招くことになるのです。

自律神経に問題があると血流も悪くなり、頭皮の状態が髪の毛にとって良い環境ではなくなってしまいます。

その結果、髪の毛のターンオーバーも乱れてしまうのです。

抜け毛を防ぐ基本的なことは、規則正しい生活を送ることと、きちんとバランスが取れた食生活を意識することです。

また、パーマをかけることうやヘアカラーで髪の毛を染めることも、髪の毛と頭皮には大きな負担が掛かります。

若い頃から繰り返しこれらの事を行っていると、頭皮や毛根が傷ついてしまう可能性が高く、30代頃になるとそれまで蓄積されたダメージが、だんだんと抜け毛として現れることになります。

各種スタイリング剤の使用も同様です。

シャンプーで洗浄が不十分ですと、毛穴詰まりの原因になり、やはり抜け毛に繋がります。

抜け毛のために気をつけたいのは、正しいシャンプー方法を身につけて、清潔な頭皮を保つことを心がけることです。

頭皮というのは顔から一枚の皮膚で繋がっていますので、とてもデリケートです。

スキンケアに気を配るように、頭皮も同様に丁寧に扱わなければなりません。

シャンプー選びも刺激が強すぎないもの、できれば肌の性質と同じ弱酸性のもので優しく洗うようにすることです。

バランスの取れた食事とストレス解消、充分な睡眠と共に清潔に頭皮を保つことが、抜け毛の解消に繋がります。

スポンサードリンク
ブログランキング
にほんブログ村 美容ブログ 女性の薄毛・抜け毛へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です