20代でもハゲる女性の原因はダイエットやストレスなどで髪が成長しないから?


女性がハゲるといえば更年期以降、女性ホルモンの分泌量が減少する時期が多かったのですが、最近では女性ホルモンの分泌量が十分な20代の女性でもハゲるという報告が増加しています。

なぜこのようなことになってきたのでしょうか。

まず考えられる原因は、過度のダイエットです。

スポンサードリンク

ダイエットが原因で栄養不足に陥った結果、髪の成長に必要な栄養分が足りなくなり、ハゲてしまうケースです。

この場合はタンパク質や亜鉛などを十分に摂取することで解決できます。

次に考えられるのはストレスです。

女性の社会進出が進んでいる昨今ですが、仕事を抱えるとストレスも抱え込んでしまう傾向があります。

持続的なストレスを受けていると、自律神経のうち交感神経の働きが活発なままになってしまいます。

スポンサードリンク

交感神経には毛細血管の血流を悪くする働きがあり、持続的に続けば髪の成長に必要な栄養分が頭皮に行き渡らなくなってしまい、ハゲてしまうのです。

解決にはいかにしてストレスを解消するかがカギを握っています。

睡眠不足も20代女性のハゲの原因です。

髪が成長するのは夜なのですが、この時間に睡眠を取っていないと髪が十分に成長できず、ハゲてしまうのです。

寝床でスマホ弄りなどすることなく、早く寝てしまうのが解決法です。

そして最後に考えられるのは、ヘアカラーやパーマによって頭皮にダメージが与えられているということです。

頭皮の健康が保てていなければ、当然のことながら髪は成長しないので、結果としてハゲてしまうというわけです。

この場合は必要以上に髪をいじらないようにする必要があります。

ヘアカラーやパーマは2カ月に1回をめどに行うようにしましょう。

上記のように、20代女性は女性ホルモンの分泌が盛んなので、ハゲの原因を取り除けば女性ホルモンの力で毛髪はすぐに回復します。

原因を見つけて、対処しましょう。

スポンサードリンク
ブログランキング
にほんブログ村 美容ブログ 女性の薄毛・抜け毛へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です