若い女性でも髪が薄い人が増えている原因とは?生活習慣による栄養不足が原因?

20151027
女性はホルモンバランスの崩れによって、40代辺りから髪の毛が薄いなどの加齢による悩みを抱えるようになってきます。

ところが、現代では20代や30代などの若い世代の女性にも、薄毛で悩む方が増えているのです。

そんな若い女性の薄毛の原因には、生活習慣が大きく影響しています。

スポンサードリンク

体型などの見た目が気になる若い方は、過度な食事制限のダイエットに走りがちです。

そのため、食事から充分に栄養を摂ることができなくなって、頭皮が栄養不足になり髪の毛をきちんと作れず育てられずに薄くなってしまいます。

また、ダイエットによる栄養不足からホルモンバランスも崩れやすくなり、さらに薄毛になりやすいです。

スポンサードリンク

そして、ヘアケアも大きく影響を与えてしまいます。

美しい髪の毛を維持したいあまりパーマやカラーリングを繰り返すと、頭皮が薬剤で刺激を受けてしまって抜け毛や薄毛になります。

日々のヘアケアでも髪と頭皮に合っていないシャンプーやスタイリング剤を使うことや、スタイリング剤をしっかりと落とさず頭皮の毛穴に詰まると頭皮トラブルを起こしやすくなります。

また、ファッションも髪が薄いのと関係しています。

肌を露出するファッションが多い方は体が冷えやすく、血行が悪くなっています。

頭皮の毛細血管まで充分に酸素や栄養が行き渡りにくくなり、発毛や育毛しにくい状態になってしまいます。

また、仕事などが忙しすぎて生活習慣が乱れていることや疲労が溜まっている、ストレスが溜まっているなども、髪が薄くなる原因になります。

自分がどの原因に当てはまるかを考えてみて、それを改善していくことが大切です。

若い方は頭皮の回復力も高いですから、頭皮環境の改善に取り組むことで薄い髪の毛も徐々に増えてきて元に戻ってくれます。

スポンサードリンク
ブログランキング
にほんブログ村 美容ブログ 女性の薄毛・抜け毛へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です