女性の薄毛の原因で20代に多いものとは?ヘアサイクルの乱れが原因?

20151017
オシャレに気を使う若い女性にとって、洋服やメイクと同じくらいヘアスタイルは重要なものです。

そんな中、セットしても今一つ思うように決まらなくなってしまったという場合には、カットの仕方だけではなく髪の毛自体が痩せてしまうことや、抜け毛が増えてしまった可能性が疑われます。

薄毛というのは加齢によるものだけではなく、20代の女性のとっても他人事ではありません。

スポンサードリンク

それどころか、若くして薄毛に悩む若年性脱毛症の方が増えています。

ですが、髪の毛の状態が気になりだしたら、その原因を知り早めに対策をすることで健康的な髪を取り戻すことは可能です。

20代女性の薄毛の原因は、当然老化によるものではありません。

健康な方でしたら髪の毛を育てる毛母細胞が老化によって活動が衰えてしまうことも、加齢による女性ホルモンの分泌量の減少によって、更年期障害の症状の一つとして薄毛になることもありません。

若い方の多くは、ヘアサイクルが乱れてしまうことで薄毛になってしまっています。

このヘアサイクルが正常に働かなくなってしまうと、抜ける時期に入っていない髪の毛も抜け落ちてしまったり、髪の毛自体が痩せてしまったり、毛穴から生えてくる髪の毛の本数が減ってしまいます。

スポンサードリンク

そうすることで、頭髪全体がボリュームダウンしてしまうのです。

そのヘアサイクルの乱れの原因とされているのが、普段の生活習慣に大きく影響しています。

不規則な生活を送ることで女性ホルモンのバランスが崩れてしまい、老化による薄毛の原因にもなるエストロゲンがその分泌量を減らしてしまいます。

このエストロゲンは髪の毛の成長に深く関わっているホルモンですので、正常に働いていないと健康な髪の毛を生成することができません。

忙しいからと食事を疎かにしてしまうことも、髪の毛が育つのに必要な栄養素が不足してしまうことになります。

また、食事に脂っこいものやファストフードが続いてしまうことも、頭皮に悪影響を与えます。

毛穴がたくさんある頭皮はその分皮脂の分泌も活発です。

油分を過剰に摂取してしまうとさらに皮脂の分泌量が増えて、頭皮がべたついて汚れやすくなります。

毛穴が詰まってしまうと髪の毛の育成を阻害されてしまい、抜けやすくなってしまうのです。

頭皮の汚れは薄毛の大きな原因になるものです。

オシャレのために必要以上にワックスを使用することやヘアスプレーなどを使うと、頭皮に埃が付着しやすくなります。

そのままにしていると当然頭皮環境が悪化して、毛根にダメージが与えられて髪の毛が痩せて抜け落ちてしまいやすくなるのです。

若いからといって薄毛は無縁ではありません。

ですが、規則正しい生活を送って、頭皮を清潔に保つように心がけをすることで、充分に予防をすることができます。

普段から気をつけておくようにしましょう。

スポンサードリンク
ブログランキング
にほんブログ村 美容ブログ 女性の薄毛・抜け毛へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です