女性の薄毛対策に良い食事とは?肉類や魚類、卵や乳製品、大豆製品などのたんぱく質、ビタミンやミネラルを摂りましょう

20150903
抜け毛や薄毛に悩んでいる方は育毛剤や育毛シャンプーを使用したり、頭皮マッサージを行ったりと体の外側からのケアに頑張っていることでしょう。

しかし、外側からのケアのみでなく日々の食事にもしっかりと注意して、栄養バランスの整った食事をすることが頭皮と髪の健康にもつながります。

髪の毛は食事からの栄養素で作られていくので、栄養が偏っていることや不足していると頭皮の細胞が栄養を吸収できなくなって抜け毛や薄毛が起こってしまいます。

スポンサードリンク

これらの髪の悩みを改善していくためにも、毎日の食事を見直して薄毛対策をしていきましょう。

食品の中には髪に良い食品もたくさんあり、その一つがたんぱく質です。

髪は元々たんぱく質から作られていますから、良質なたんぱく質を食品から取ることで髪を作る元を増やすことができて、薄毛対策にも有効です。

肉類や魚類、卵や乳製品、大豆製品など、たんぱく質を含む食品はたくさんあるので、上手に摂っていくことが大切です。

そして、あらゆる体の健康に影響していて髪にも大きく関係しているのがビタミンです。

スポンサードリンク

ビタミンAは健やかな皮膚や粘膜を作る作用があり髪の保湿などに効果的です。

ビタミンB群は代謝に関わる重要なビタミンで、頭皮の新陳代謝を促す作用を持っています。

また、皮膚疾患を緩和する作用もありますから、フケやかゆみなどの頭皮トラブル改善にも有効です。

その他、頭皮の免疫力を高めて健康な状態へと導いてくれるビタミンC、髪の再生を促すビタミンC、血行を良くするビタミンEなど、それぞれ髪と頭皮には大きな影響を与えます。

ビタミンは野菜や魚類、乳製品やナッツ類などに多く含まれているので、不足しないように摂取していくことが重要です。

そして、ミネラルも髪と頭皮には不可欠な成分です。

特に亜鉛はたんぱく質などの働きを高めて酵素の分泌を促進する作用があり、薄毛対策には重要なミネラルです。

貝類やのり、玄米などに多く含まれているので、摂っていくようにしましょう。

また、血液の量が少なく血行が悪くなっていると頭皮環境も悪化してしまって、発毛しにくくなってしまいます。

血流を増やして血行を良くする作用のある鉄分はとても重要なので、レバーや海藻類、緑黄色野菜などからしっかりと摂っていきましょう。

また、抜け毛を減らすマグネシウム、髪の毛の成長に関わるヨウ素など、多種類のミネラルが髪と頭皮の健康に大きく関わっています。

食品から摂取しにくく不足しがちな栄養素は、サプリメントなどを活用して補っていくのが良いでしょう。

スポンサードリンク
ブログランキング
にほんブログ村 美容ブログ 女性の薄毛・抜け毛へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です