女性の薄毛はヘアサイクルが原因?育毛剤はどのくらいの期間使う?

20150702
加齢によって髪の抜け毛が増えてきたとか地肌が目立つようになってきたなど、女性でも抜け毛や薄毛の悩みを抱えている方はたくさんいらっしゃいます。

女性専用の育毛剤や育毛シャンプーを使っていてもなかなか効果が現れず、次々と新たな育毛剤などに切り替えている方は、少なくとも3ヶ月、できれば1年くらいは同じ商品を使い続ける必要があります。

その理由にはヘアサイクルがあります。

スポンサードリンク

ヘアサイクルとは髪の毛が生え始めて成長し、やがて成長がストップして抜け落ち、次の髪が生え始めるまでの一連のサイクルのことです。

女性の場合のヘアサイクルは約4年から6年程度と長いため、育毛剤などの育毛ケアの効果が現れるのにも時間がかかります。

髪の毛は毛母細胞という部分で作り出されていて、約3年から5年ほどかけてどんどん成長し、最初は細く薄い髪の毛がしっかりと太くて濃い髪の毛へと成長しながら伸びていく成長期になります。

そして成長がストップする退行期が約3週間あり、髪が抜け落ちていきます。

スポンサードリンク

次の髪の毛を生み出すために細胞は休みの期間に入り、これが約3ヶ月ある休止期に当たります。

女性の薄毛に悩んでいる方はこのヘアサイクルが乱れていて、しっかりと髪が育たないため髪がやせ細って、しっかりと育つ前に抜け落ちてしまいます。

これが女性の薄毛や抜け毛の原因なので、ヘアサイクルを整えることこそ薄毛や抜け毛対策には重要です。

育毛剤にはこのヘアサイクルを整えるための有効成分が含まれていて、しっかりと元気で太い髪を育てるためのサポートをしてくれます。

頭皮環境の乱れが大きくヘアサイクルを狂わせてしまう原因になりますから、頭皮の状態を整えるためにも育毛剤でしっかりと健康な頭皮環境へと変えていって、ヘアサイクルを正常化させるのが大切です。

4年から6年かかるヘアサイクルですから育毛ケアを始めたからといって、すぐに太くてしっかりとした髪が生えてくるわけではありません。

退行期が3週間、休止期が3ヶ月ほどありますから、最低でもその期間は育毛剤などのケアを継続させて、成長期の髪をしっかりと太くてしっかりした髪にできるようなケアを施す必要があります。

そのため、女性の育毛ケアは時間がかかるというのを認識しておいて、自分の頭皮や髪に合った育毛剤をしっかり選ぶこと、そして、選んだ育毛剤で長期間こつこつと育毛ケアを重ねていくことこそ重要です。

それが正しいヘアサイクルを生み出す元となり、抜け毛や薄毛を改善する重要なポイントでもあります。

スポンサードリンク
ブログランキング
にほんブログ村 美容ブログ 女性の薄毛・抜け毛へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です