育毛シャンプーで女性が20代から使っていくと良いものとは?ラウリル硫酸、ラウレス硫酸などと記載されているものは避けた方が良い?

20150909
抜け毛や薄毛は年齢を重ねてから出てくるものと思っていませんか?

しかし、20代の若い女性でも抜け毛や薄毛で悩んでいるケースが珍しくありません。

20代の髪の悩みの原因は、偏った食事やシャンプー・ヘアワックス・紫外線などのダメージです。

スポンサードリンク

食事が原因の場合は食事内容を見直す必要があります。

ダメージが原因の場合は、ダメージを減らして対策をします。

髪は毎日洗いますよね。

毎日使用するシャンプーは頭皮と髪に大きな影響を与えます。

髪の悩みを抱えている方は、シャンプーを見直してみましょう。

おすすめは育毛シャンプーです。

頭皮と髪に優しいだけでなく育毛成分を配合しているので、フサフサでボリュームのある髪に近づくことが期待できます。

シャンプーには洗浄成分の違いによって高級アルコール系、石けん系、アミノ酸系の3つに分けることができます。

高級アルコール系のシャンプーには、頭皮と髪にダメージを与える合成界面活性剤が使用されていて、使い続けていると髪のパサつき、ボリュームの低下、抜け毛などのトラブルが表れることがあります。

スポンサードリンク

成分にラウリル硫酸やラウレス硫酸と記載されていれば高級アルコール系シャンプーです。

石けん系は頭皮に優しいのですが、石けんはアルカリ性なのでキューティクルが開いて髪がきしむようになります。

髪が絡まりやすく、とかしたときや洗っているときに髪が抜けやすくなります。

育毛に効果的なのがアミノ酸系シャンプーです。

頭皮と髪の構成成分のアミノ酸を洗浄成分に使用しています。

優しい洗浄力なのでダメージが少ないです。

アミノ酸系シャンプーにはアミノ酸の他ラウリル硫酸などを配合したものと、アミノ酸系の洗浄成分のみを配合したものがあるので注意が必要です。

アミノ酸を少量でも使用していればアミノ酸シャンプーといえるのです。

購入するときは、成分にラウリル硫酸、ラウレス硫酸などと記載されているものは避けましょう。

アミノ酸系洗浄成分のみを使用しているシャンプーには、ココイルグルタミン酸、ココイルアラニンなどと記載されていて、ラウレス硫酸などの文字は見当たりません。

小さい文字で見にくいので気をつけてください。

ノンシリコンだとさらに良いです。

シリコンは頭皮や髪を覆って有効成分の浸透を妨げます。

育毛シャンプーには、育毛効果が期待できるセンブリエキスや保湿作用のある昆布エキスやヒアルロン酸などが配合されていることがあります。

頭皮環境を整えて髪を育てるサポートをしていきます。

スポンサードリンク
ブログランキング
にほんブログ村 美容ブログ 女性の薄毛・抜け毛へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です