抜け毛と女性ホルモンの関係とは?加齢により女性ホルモンが減少すると毛髪が細くなり抜け毛が増えます

20150906
髪のハリやツヤ、薄毛や抜け毛などには女性ホルモンが関係していて、多くの場合は加齢と共に白髪が生えて、潤いも低下して抜け毛や薄毛などの進行が起こってくる傾向にあるものです。

女性ホルモンは女性らしい体のラインを作る為にも重要なものですが、女性ホルモンには肌の弾力等を支えるコラーゲンを作り出す働きがあり、これは毛髪の太さやハリやツヤにも関わってくるものです。

女性ホルモンは加齢と共に減少していくので、結果的に抜け毛と女性ホルモンには深い関連性があるということになります。

スポンサードリンク

女性ホルモンが減少することによって毛髪が細くなったり抜けたりするようになるので、女性ホルモンの分泌が減る年齢や時期がくれば大量に抜け毛が発生する可能性があります。

例えば、女性の場合は出産後に毛髪が薄くなって抜け毛が増えたという経験をする方が多いですが、これは妊娠期に女性ホルモンが増えていたところから、出産を経て一気にホルモンが減ることによって起こるものです。

スポンサードリンク

目安としては40歳を過ぎた頃から減少傾向に拍車がかかり、女性ホルモンが減少する過程で男性ホルモンの作用が相対として増えてくると、体毛が濃くなることやヒゲが生えてくる可能性が高くなります。

そういったことから、女性ホルモンの分泌を促して女性ホルモンの働きを抑制することで冷えの症状などの対策をとることは抜け毛予防にも有効です。

冷えは血行不良や栄養素や老廃物運搬にも悪影響を与えることになり、老化促進にも繋がり、女性ホルモンを乱れさせるようにもなるので注意が必要です。

女性の抜け毛要因に加齢というものが大きく関わってくるのは、女性ホルモンの減少と相対的な男性ホルモン比率増加ということが関わっており、40代突入する頃から抜け毛に悩んで、さらに体毛増加や老化現象の実感によって落ち込むという方も多いです。

もちろん女性ホルモン分泌低下によって体も女性らしさを失っていくことになり、外部からのシャンプーや育毛剤対策も有効ではありますが、体の内側から女性ホルモン分泌を増やすように食事やサプリで栄養成分を摂取して、運動習慣を身に着けて睡眠を充実させることも有効な対策になります。

ストレスもホルモン分泌に悪影響を与えることになりますし、血流を低下させてしまうことにもなりますから注意が必要であり、栄養摂取や生活習慣全般を整えて女性ホルモン分泌を促すようにすることで、抜け毛を減らして若々しく保てる可能性が高くなるものです。

スポンサードリンク
ブログランキング
にほんブログ村 美容ブログ 女性の薄毛・抜け毛へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です